プラポリッシュ B (細目) 18L

商品ID: 912B-18

プラスチック用コンパウンド ヘッドライトやサイドバイザーなどのキズや劣化の改善

 

----------

内容

プラポリッシュ B (細目) 18000ml x1 (使用量 : 8ml/台)

----------


この商品の価格確認やご発注には、 ログイン が必要です。






 開発秘話

たくさんのご要望を頂き開発に着手!

ドアバイザーやテールレンズやヘッドライトのカバーなどは、自動車の外装パーツの中でも特にクスミやキズの目立つ部分となっております。その様な、愛車全体の印象を左右するパーツでありながら、その素材的特長からコンディションを改善させるための製品が非常に少なかったのも事実です。

弊社へも日頃から、プラスチック製品のコンディション改善を求められているオーナー様からたくさんのご要望を頂いておりました。

そこで、新製品の開発に着手!原材料から見直し、テストを繰り返してまいりました。2007年に入り、非常によいレベルまで、仕上がってまいりましたので、最終的な経過テストを経て、今回みなさまへのご提供となっております。

ドアバイザーやヘッドライトのクスミや黄ばみにお悩みのオーナー様は、特に、ぜひ!一度お試しいただければと思っております。
 

 特 徴

プラスチック製品専用に新開発!

 本製品は、まったく新しいプラスチックパーツ専用コンパウンドです。

従来のボディー用コンパウンドでは、素材の表面処理の状況から思うように磨くことが出来ませんでした。また、ガラス用のコンパウンドなどでは、素材自体をキズつけてしまう恐れがありました。

このプラスチック製品専用コンパウンド『プラポリッシュ』は、原料から見直し、プラスチック製品の表面コンディション改善を目的に新開発された弊社オリジナルコンパウンドです。

商品添付の使用説明書をよくお読みいただければ、今まで悩んでいたプラスチックパーツのクスミやシミを改善させる事が出来ます。
 

 なぜ落ちる。その理由

2種類の溶剤と2種類3個のスポンジをセット

今回、ご紹介させて頂いている『プラポリッシュ』は、クスミやキズの程度にあわせて、2種類の溶剤をご用意いたしました。

プラスチック部品のコンディションも素材や駐車環境により、様々です。
この『プラポリッシュセット』では、幅広い状況に対応できるよう、2種類の溶剤と2種類3個のスポンジをセットしております。

特に溶剤に関しては、クスミやキズを除去するための[A液]と、最終仕上げ用の[B液]がセットに含まれます。
軽度なキズから、ある程度進んだクスミやシミまで、ほとんどのケースで現状のコンディションを改善させる事が出来ます。

[ご注意]
  • 本製品は研磨剤です。ワックスのような艶出し剤ではありません。
    よく磨くことにより状況は改善されます。
  • 本製品は、プラスチック製のバイザーやヘッドライト専用のコンパウンドです。
    モールやバンパーなどの表面がザラザラしている素材には、使用することが出来ません。
    ご了承下さい。

 

 幅広い用途で使用可能

バイクのシールドにも使用できます。

オートバイのシールドも、ほぼ車のドアバイザーと同じ素材で出来ています。本製品を使用し、丹念に研磨することにより、クスミやシミも改善できる可能性があります。

このシールドのクスミは、放置していると、どんどん酷くなるばかりです。
特に雨の多い季節では、突然の雨で「アッ危ない!」なんてことも・・・ そんな事になる前に、早めの施工をお勧めします。

使い方は、車のドアバイザーなどと同じです。取り外せる場合は、外して施工できればベストです。
 

 ご使用方法





 プラポリッシュ施工写真1
 【1】ホコリや砂、泥汚れなどを、強い水流で洗い流します。
 
 プラポリッシュ施工写真2
 【2】当店『ボディークリン』などのカーシャンプーでよく洗浄します。
   
 プラポリッシュ施工写真3
 【3】水分を拭き取り、乾燥させます。
 
 プラポリッシュ施工写真4
 【4】A液を付属のスポンジに取り、縦横に丹念に磨き込んでください。
   
 プラポリッシュ施工写真5
 【5】状況が改善しない場合には、付属のフェルトスポンジへ本液を取り、再度磨き込みます。
 
 プラポリッシュ施工写真6
 【6】状況が改善したら、4で使用したスポンジとは別の付属スポンジへB液を取り、ツヤが出るまで磨き込みます。
   
 プラポリッシュ施工写真7
 
 プラポリッシュ施工写真6
 【7】ドアバイザーなどは、内側にも汚れが付着しシミが出来ているケースがありますので、内側部分もよく磨いてください。
 
 【8】最後は、当店『ボディークリン』などのカーシャンプーで洗浄し、残った水分を付属のクロスで拭き取って完了となります。